【51st】 I’m Back!!

!!NEW!!

 

 

Hi, guys! How’s it going?

I’m back in Japan! Without one of my suitcases, because of Air Canada… where is it? Come on, bud! I was on a direct flight!!

 

 

Thanks for coming to my last solo exhibition in Toronto, this year! It was really successful!! I’m sorry some of you didn’t make it because the term was only a week.
And thanks, also, to GUSHI and SUSHI 930 for providing delicious foods for my exhibition, to Kohei for taking photos, and to SUKE☆ROCK for the awesome music performances! And thanks, of course, to the members of PRINT Gallery for hosting my solo exhibition!!

So, I had gorgeous experiences in Canada because I met you guys! And I also came to some realizations while I paved my way there.

When I left my country, I considered giving up being an artist because of my previous struggles. I had worked 7 days a week from early morning to midnight as an artist, a self employed craftsman, an art teacher, a painter, and a chef etc.. all of these for around 2 and a half years after graduating from an Art University in Japan. I was really tired and I wasn’t hopeful for my future because of that situation. Most people in my country don’t admire artists and even look down on us. They think we are just doing hobbies or playing, not working. They don’t give us any respect even though we work so much harder in art than in other jobs, and they really don’t know how much we struggle to keep making it while hearing negative words from many people.

I always told my friends I’m gonna make my mark in another country one day.
I thought I was not afraid of anything, but actually I maybe was..
I didn’t wanna part from my buddies because worried I might lose them if I left. I didn’t speak any other languages or know any other cultures so if I couldn’t adjust, what would I do?
It thinking too negatively.

One day, when I was having a usual get-together with my buddies, they gave me the kick in the ass I needed. I was shocked, but could finally decide to leave my country with my art stuff.
After that, I began my precious journey in Toronto, Canada and NYC. Even though there were many obstacles along the way, it was definitely the right way for me.
I really appreciate my buddies who kicked my ass back then.

My way of thinking became more positive thanks to the many badass people I met; their great minds, styles and cultures opened my eyes.
Honestly, before I considered art as only a tool to make my mark with. But now I can say that I LOVE MAKING ART! For myself, and for someone else.
If I didn’t have art, I wouldn’t have met you and realized important things in life. I would be continuing my life in boredom.

Art is already my life.
It’s not only a tool for making money, nor just for making my mark.
It’s given me a lot of great and unexpected things, and allowed me to meet the awesome people who opened up my small world and broadened my mind.

I don’t care anymore if people say negative things or tease me about how I do things, so I just say “I’m an artist” with confidence!

Thanks all!
I will still keep walking my way as an artist even if it’s tough in my country or somewhere else.

Life is short but sometimes it can feel pretty long. My life is still in progress and I’m still having precious experiences like the ones I had in Toronto.

I’m gonna definitely miss everything in Toronto: people who are really friendly with a big smile even for strangers, people who act crazy and yell at everyone on the street, aggressive beggars, store employees who prioritize socializing with each other even though many customer are waiting in line for service, and yea, randomly smelling marijuana on any downtown street. Haha

I’m gonna miss all of it!
I’m grateful that I ended up living there!!

I don’t know how else to express it…
I just fuckin’ love ya’ll!!

 

Respect,
Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

 

 

 

うぃっす、うぃーっす。
おかげさまです、イケてますか?

ただいまー、日本っ!
俺、生きてたーっ!!
空港に預けた大きいスーツケースが一個まだどこかの国で旅してるけど‥ なんで?最後までさ、なんでこんななの?

 

 

遅くなりましたが、トロントでの二回目の個展、
来てくれた方々、そしてオープニングで美味しいフードを提供してくれたGUSHISUSHI 930の方々、撮影してくれたコーヘイ、素晴らしい音のパフォーマンスをしてくれたSuke★Rock、そしてPRINT Galleryキュレーター始め、スタッフ。本当にありがとうございました。

最後までみなさんのお力を借り、今回も大成功でした。

さて、
軽くまた心境書いときます。

ふら〜っと辿り着いたトロントでのストーリー。
本当にたくさんの人に恵まれ、助けられながら異国で生き抜くことができました。
まず、お礼の言葉を先に。ありがとうございます。

そして、
日本でくすぶっていた時に、俺のケツを思いっきり蹴っ飛ばして海外で勝負する決意を固めてくれた素晴らしい友達に感謝。
自分のやっていること、やりたいことが日本では通用しないことは分かっていて、絶対に外に出ないといけないことは分かってた。

「外に出るのを恐れてるわけじゃない」いつも言ってた。
「自分の実力は海外では絶対に通用する」いつも言ってた。
「来年こそは、来年こそは」いつも言ってた。

ビックマウスが売りの俺だったけど、
正直、今振り返ると、ただ恐かっただけなんだと思う。

年々歳を重ねていく中で、日本での仕事が無くなる恐さ。
自分のいる小さなコミュニティーから外れる恐さ。
そして、知り合いが誰一人いない状態で、言葉が全く通じない異国での生活の恐さ‥

そんな、俺の弱い部分を理解したうえでケツを叩いてくれた友達。
日本にいるたくさんのサポートしてくれる人たちに、長いこと墓参りに行けなかった友達に、自信を持ってまた再会できるように、良い報告ができるように、ただそれだけを考えて毎日を必死に生きた。

自分の腕一本で生きれなかったら終わり。
当時、三ヶ月ほどで帰るものだと思ってた。
そして、絵描きという職業に見切りをつけようと思って外へでた。
それが二年半。
たくさんの人と出会い、助けられ、多くのことをがむしゃらに吸収していくなかで、気付いたらあっという間に時間が経っていた。
満足できない性格だからまだまだやりたいことはあったけど、リミットがある中で自分のベストは尽くした。

俺がベースを置いた多文化都市、カナダのトロント。
行く前は全くリサーチせず、ニューヨークに近いのと、ビザの手続きが簡単だということを理由に選んだ街。
行って大正解だった。トロントを選んで良かった。

そして、アートを通じて出会ったたくさんの素晴らしいアーティストやミュージシャン、様々なジャンルで頑張っている人たち。
この人たちとふれあって、自分のアートへの考え方が変わった。

自分にとって“アート”とは、“絵を描くこと・モノを作ること”は、唯一上にのし上がる為の手段だった。

周りにもそう言っていた。

でも、今は違う。

俺、純粋にモノ作りが大好きだ!絵を描くことが大好きだ!
人のために。もちろん、自分自身のために。

アートに出会えていなかったら、俺は未だにくだらないプライドを纏いながら、小さな世界でつまらない人生を送っていたと思う。
絵描きでなかったら、こんなに素晴らしい人たちに出会えていなかったし、人生における多くの大切なことも学べなかった。

もう、切っても切り離せない俺の人生の一部。
どんなに周りからネガティブなことを言われようが、気にしない。
どんなに厳しい道でも構わない。
俺は、どういう形になってもこの道を歩き続けるよ。

さて、
日本のみなさん。
これから少しずつですが、自分なりにもらったものをお返ししていきます。
それと同時に、この僕の経験が次の世代に繋がって、たくさんの人にこのバトンを渡して、ようやくこの一つのストーリーが完成します。

 

面白いことやりましょう。
日本でも、世界でも。

まずは、コーヒー飲みに行きますか☆

 

あっ、日本のケータイ復活!
通話のみイケます。
日本でる前の俺の番号もってる人は、それにかけてください。
もう、ないよーって人は、メッセージくださいね。

 

P.S.
すでに軽いカルチャーショックを受けています。
そして、その度にトロントが恋しいです。

知らない人同士の、あのフレンドリーさ (実際は冷たいけど)、道を叫びながら徘徊してるクレイジーな人や、スッカスカの俺からも何かをもらおうとついて回るアグレッシブな物乞い、レジで長い列を作って待っているお客さんを気にせずに自分たちのおしゃべりに夢中になっている店員..そして、外に出ればどこからともなく匂ってくるあのマリファナの香り。

 

 

あー、
トロントよ、トロント。

 

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>