【45th】 The significanse of 25 cents

Hi guys! How are you doing?

Thanks for the birthday wishes!
I’m 2 years old in Canada!! Still a chick.

You guys already know I’ve been here as a full time visual artist, starting from the street.
This will be pretty long, but please read it when you have time.
/日本語は英文の下にあります。
ちょっと長いけど、時間あるときに読んでね。

 

 

【The significance of 25 cents】

 

 

When I arrived in Toronto, Canada, I started to find a place where I can paint and make money from my art on the street, even though I couldn’t speak any English. I didn’t have any friends or connections, so I had to figure out how to survive here as an artist by myself.

This is my challenge in life.

Every day, I struggled to find something on the street. I learned how to make money and I picked up English from other buskers.

I hustled and struggled every day to become a famous artist here. The first time I made a sale on the street, I earned only $8, ONLY $8 even though I was trying to sell my art all day. But that $8 meant a lot, and I was really happy to get it that day. Some days I made less than 25 cents…
Yes, I walked a really tough road, but I learned many things that are difficult to realize in general life. Also, I learned to appreciate and respect everything and everyone because of those hard lessons.

Some people have asked me “Why don’t you get another job? Then you won’t have to worry about money or your livelihood.”

You know why?

When I left my country, the goal I decided to aim for is to know how to survive in a foreign country as an artist. That goal has not changed, and still won’t even if I have to dig through garbage.
I researched and asked many people “How can someone survive in a foreign country as a full time artist, with only his ability, when they don’t know the language and don’t have any connections?” Nobody knew, not even my professors in university.

We all have different situations and different things we can and can’t do.

And we will have to come to a decision within the choices.
Of course, if I had enough money and great circumstances, I would have first gone to college or university here, and used a normal process to make my way.

So, I was an art teacher in Japan. If one of my students tried to do the same thing, what would I say to him or her?

I can not say anything unless I try it myself. If I can do it, anyone can do it! And I can also make paths for someone else.
That’s because I wasn’t born with a natural gift as an artist.
But I had a strong belief in myself by giving 100times more effort than the rest, as well as the countless experiences in life, both good and bad.

Without any talent, I wanted to see how far I can go by pure effort and self-confidence.

It’s been 2years since I started off on the cold street and I still survive as a full time artist to this day.
I have a gallery where I can drop off my art, clients, and many incredible artist friends who are inspiring me. This story is very real and I am the one writing it.


“If you plant a big tree in your heart, sometimes others may try to knock it down. But they won’t be able to shake a single branch. All of that negative effort will even help you make the tree bigger and stronger.”

Recently, I honestly had only $7. I wasn’t sure if I could pay next month’s rent, or even get food the next day.

I only had confidence and belief in my own ability to make art and products. I then find client work. And I can survive for a little longer.

If you believe that you have the talent to do anything, you should challenge yourself in your own accords. If you don’t think you have any talent, you should definitely challenge yourself by believing in your own hands. Even if that means you only have $7 in your pocket!

If you never give up, it will open up new opportunities to lead you to the next step.

I appreciate all my friends that are supporting me. I’m sorry I’ve made you worry and get you involved in my troubles. I really want to show my respect to you in return, but still can’t. I’m still struggling.

I finally decided I’m gonna finish making my story in Canada, and I’ll be going back to my country at the end of November or mid-December this year. I’m not sure I will be back or not. I really wanna give “Thanks” to everyone face-to-face before I leave.

I’m an artist!!

 

P.S.
The pic is with my bud, Bob after train who always accept to beat from me at Martial Arts studio.

 

 

Cheers!
Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

 

 

 

うぃーっす、うぃす。
おかげさまです、イケてますか?

たくさんの誕生日メッセージ、ありがとうございました。

エセカナディアンとして、僕は2歳になりました。

 

えーっと、

今回のblogは、ちょっとした発表です。

いつものように長いけど、時間ある時に、ぜひ読んでみてくださいね。

 

【25セントの重み】

 

ここ、トロントに着いた当初、自分のアート作品を作れるスタジオと、それを売る場所を求めて、とりあえずストリートに向かった。ここには友達もいなければ何のコネクションもない。ギャラリーに売り込む作品がないし、それを作る為のスタジオを探すにも、英語が全く話せない状態では探すアテもなかった。

アーティストとして生き残るために、自分自身でその方法を探さなければならなかった。





これは俺の人生をかけた挑戦

毎日何かを見つける為に必死にもがいていた。ストリートで稼ぐ方法とその為の英語をストリートのバスカー達から学んだ。

アーティストとして成り上がる為に、毎日ストリー トに立ってもがいた。 初めてストリートで稼いだお金は$8。
知らない土地の道路脇で朝から晩まで一日中絵を描きながら、道行く人につたない英語で話しかけて、たった$8。
でも、その$8は俺にとって今まで稼いだどの大金よりも重く、価値のあるお金だった。

ミュージシャンと違って、“商品を売る絵描き”は、投げ銭をもらうのが難しい。
日によって、25 cents以下しか稼げない日もあった。
とてもハードな道だったけど、普段の生活では気付けない多くの貴重なことを学んだ。


「なんで、みんなと同じように他の仕事をしないの?他の仕事をしながらだって作品は作れるでしょ?
そうすれば、お金の心配や切り詰めた生活なんかしないですむのに。
アーティスト一本で暮らすのはすごく難しいよ。」

たくさんの人からこんな質問をされてきた。

こっちで仕事をする為に必要なSIMナンバーは、あえて取得しなかった。逃げ道を絶つために。

俺が日本を出る時に決めた目的。それは、海外でどこまで自分の力が通用するか、アーティスト一本で生き残るにはどうすればいいのかを知ることだった。

今でもそれは変わらない。たとえゴミ箱を漁ることになっても。

“どうすれば、言語も通じない、コネクションもない無名のアーティストが、他の国で自分の腕一本で成り上がれるか”

どのサイトを調べても、誰に聞いても、答えはなかった。多くの知識を持った美大の教授でさえも。

私たちは、みんな一人ひとり違う状況に置かれていて、できることとできないことがある。

そして、その中から選択しなければいけない。

もし、俺に十分なお金があり、環境も整っていたら、最初にこっちの学校へ通って普通のプロセスを踏んでただろう。

俺は、日本で美術の先生も経験した。もしも、自分の生徒が同じことに挑戦しようとしたら、なんてアドバイスをしてあげればいい?

まず、自分が経験してみなければ俺は何も言えない。自分がそれをやり通すことができたら、みんなにも必ずできる。そしてその道は、みんなにシェアすることができる。

だって、俺には絵の才能なんてこれっぽっちも無いんだから。

ただ、周りより何百倍も努力してきた自信と、良くも悪くも数多くの色々な経験がある。

何の才能もなくても、努力と自信でどこまでいけるのか、それが知りたかった。

 

一人ぼっちだった冷たいストリートから始めて二年が経つ。

サポートしてくれる多くの人やクライアントを得て、作品を置いてくれるギャラリーがついた。そして、周りに自分の成長と作品に良い刺激を与えてくれるたくさんの尊敬する熱いアーティスト達がいる。

俺はまだアーティスト一本で生活している。
俺が作っている、このリアルストーリーはまだ続いている。

“もし、あなたの心のなかに大きな一本の木を植えることができたら、ときどきその木を倒そうとしてくる人が現れる。
だけど、その人たちはその枝を揺らすこともできない。
そして、その木はそれすらも栄養として吸収し、あなたの中でもっと大きく太く成長する。”

最近の俺は手持ちが$7しかなかった。
来月の家賃、明日の食べ物さえありつけるか分からない状況だった。

ただ、自分の腕と何の根拠もない自信だけはあった。
そして数日後、クライアントの仕事が入り、まだ生き残ることができている。

あなたに才能があるのなら、もちろんやりたいことに挑戦したほうがいい。
もし、あなたに才能がなくても、あなたの腕を自分が信じてあげることができれば、絶対に挑戦するべきだ。
たとえポケットに$7しか入っていなくても。
諦めなければ、次のステップに進む為のお金としては十分だ。

みんな、サポートしてくれて本当に感謝しています。
色んなことに巻き込み続けて、迷惑や心配をかけてごめんなさい。

お礼を返したいけど、いまだに自分のことだけでいっぱいいっぱいすぎて、できそうにないや。

今年の12月頃に、2年半綴ってきたカナダでのストーリーを終わりにします。

トロントにまた戻ってくるかどうかは、まだ考え中。

帰るまでに、こっちで出会ってサポートしてくれた全ての人、一人ひとりに面と向かってお礼を言いたいな。

もう少しだけ見守ってて。もう少しだけ自分勝手にこの道を歩かせてください。

日本で応援してくれてるみんな、
俺、帰るわーっ!!

 

 

P.S.
写真は、空手道場でのトレーニング後。
いつも俺の拳を目一杯の愛情で包んでくれてる相棒、ボブと。

菊田武範 (Take a.k.a. bamboo→)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>