【52nd】 Now on display my new art in Tokyo, Japan!

!!NEW!!

 

 

 

Hi, Sweets and Art lovers! How’s it goin?

I made some new pieces that are now on display at a cake shop in Tokyo Shinagawa, Japan. By picking-up the store concept, I was able to create each of them in an individually unique style for you to enjoy.

 

 

” Poppin’ “

2015
12″x17″
Acrylic on wood panel

 

 

 

 

” Tea time “

2015
16″×13″
Acrylic on wood panel

 

 

 

” Strawbees “

2015
12″×12″
Acrylic on wood panel

 

 

 

 

” Vell ” from UNCINQ seriesー01

2015
11″×9″
Acrylic on wood panel

 

 

It’s a one and only work of art.

If you’re in Japan, you can see them directly and even purchase them on the spot. If you find your favorite one, I’ll be able to arrange the item delivery for you as well. Just contact me for the price inquiry.

I’ll keep making new pieces as the work sells so keep an eye out for my posts.

Take this holiday season/Golden week to treat yourself with a delicious cake and an eye candy work of mine!

Cheers ;-) !

 

【Patisserie UN CINQ】

 

Mailing address:

3-13-14 Minami ooi, Shinagawa-ku, Tokyo, Japan

Phone:

03-6450-0593

Facebook page

https://www.facebook.com/patisserieuncinq?fref=ts

 

 

うぃーっす、うぃす。 イケてますか?

 

気がつけば、日本帰ってから5ヶ月が経過していました。

当面の資金稼ぎと学校の教員面接にアクセクしながらも、時間を見つけては会いたい人、会えなかった人に会いに行く毎日です。

 

そう、人生で初めての就職活動。

 

いやーっ、すごいですね。

何がすごいって、今までの人生で様々な職種に提出していた正式な履歴書を、昔からとてもお世話になっていて尊敬している姉さんと飲んだときに見せて、それをボッコボコにされたこと。 ‥この歳で。

 

目からウロコというか、もう爆笑するしかない状況でしたw

 

履歴書って、枠からはみ出してたらアウトなんだね。

みんなちゃんと枠の中に字を収められるんだね。

 

小学生のとき先生に、

「大きくて力強くて、見やすい良い字を書きますね」

って褒められた時のまま、その言葉を疑いもせず育っていましたよ。

 

書き方をまるまる教えてもらい、ちゃんと方眼用紙のように履歴書用紙に定規で線を引っ張り、間隔を計って下書きをして、万年筆で書き直しました。

 

一枚書くのに2時間30分…

ボールペンで3分のソレとは比べ物にならないほど、それはそれは綺麗な履歴書になりました。

 

 

提出せずに、ガラスケースに入れて飾っています。

 

 

 

いくつになっても人生は勉強ですね。

また一つ、知らなかったことが増える喜びを教えてもらいました。

本当に今気付かせてもらってよかった。もう既に何校かに履歴書提出したあとだったけど‥

 

普通なら、世間で当たり前と考えられていることができていなかったら、この歳になると何も言われず自分が知らないうちに呆れられて放置されるところを、自分のそれに対する熱意と比例して真っ向から真剣に正してくれ、サポートしてくれる最高な人たちに囲まれていることに感謝っ!

日本でも海外でも、俺って幸せなヤツですよ、本当に。

 

 

さて、

前置きはこの辺にして、クライアントワークのお披露目ですっ!

 

東京の品川にある、おいしくてオシャレなケーキ屋さんに飾る絵を搬入してきました☆

 

 

 

オープンしてからまだ間もないお店ですが、様々な雑誌で紹介され、注目されている人気店です。

ケーキ屋さんから出されたいくつかのコンセプトを取り入れながら、全ての絵を全く違うスタイルで描いたものです。

お、タケのこの絵のスタイルは初めて見たぞっていう発見も見所ですね。

 

全て一点ものの絵になっています。

販売もしていますので、お気に入りを見つけたら早めにゲットしないとなくなっちゃいますよー。

 

店内にはお茶もできるスペースも整っているので、ゴールデンウィーク時期を利用して遊びがてら友達と、デートがてら恋人と、お出かけがてらご家族と、僕の絵を肴においしいスィーツで心もお腹も満たされにお越しください☆

 

今後は、タイミングを見ながら絵の入れ替えもしていく予定なので、お店の新作お菓子情報ともども、チェックしておいてくださいね。

 

 

【Patisserie UN CINQ】

東京都 品川区 南大井3-13-14 (JR大森駅から徒歩5分)

 

03-6450-0593

 

Facebook page

https://www.facebook.com/patisserieuncinq?fref=ts

 

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

【51st】 I’m Back!!

!!NEW!!

 

 

Hi, guys! How’s it going?

I’m back in Japan! Without one of my suitcases, because of Air Canada… where is it? Come on, bud! I was on a direct flight!!

 

 

Thanks for coming to my last solo exhibition in Toronto, this year! It was really successful!! I’m sorry some of you didn’t make it because the term was only a week.
And thanks, also, to GUSHI and SUSHI 930 for providing delicious foods for my exhibition, to Kohei for taking photos, and to SUKE☆ROCK for the awesome music performances! And thanks, of course, to the members of PRINT Gallery for hosting my solo exhibition!!

So, I had gorgeous experiences in Canada because I met you guys! And I also came to some realizations while I paved my way there.

When I left my country, I considered giving up being an artist because of my previous struggles. I had worked 7 days a week from early morning to midnight as an artist, a self employed craftsman, an art teacher, a painter, and a chef etc.. all of these for around 2 and a half years after graduating from an Art University in Japan. I was really tired and I wasn’t hopeful for my future because of that situation. Most people in my country don’t admire artists and even look down on us. They think we are just doing hobbies or playing, not working. They don’t give us any respect even though we work so much harder in art than in other jobs, and they really don’t know how much we struggle to keep making it while hearing negative words from many people.

I always told my friends I’m gonna make my mark in another country one day.
I thought I was not afraid of anything, but actually I maybe was..
I didn’t wanna part from my buddies because worried I might lose them if I left. I didn’t speak any other languages or know any other cultures so if I couldn’t adjust, what would I do?
It thinking too negatively.

One day, when I was having a usual get-together with my buddies, they gave me the kick in the ass I needed. I was shocked, but could finally decide to leave my country with my art stuff.
After that, I began my precious journey in Toronto, Canada and NYC. Even though there were many obstacles along the way, it was definitely the right way for me.
I really appreciate my buddies who kicked my ass back then.

My way of thinking became more positive thanks to the many badass people I met; their great minds, styles and cultures opened my eyes.
Honestly, before I considered art as only a tool to make my mark with. But now I can say that I LOVE MAKING ART! For myself, and for someone else.
If I didn’t have art, I wouldn’t have met you and realized important things in life. I would be continuing my life in boredom.

Art is already my life.
It’s not only a tool for making money, nor just for making my mark.
It’s given me a lot of great and unexpected things, and allowed me to meet the awesome people who opened up my small world and broadened my mind.

I don’t care anymore if people say negative things or tease me about how I do things, so I just say “I’m an artist” with confidence!

Thanks all!
I will still keep walking my way as an artist even if it’s tough in my country or somewhere else.

Life is short but sometimes it can feel pretty long. My life is still in progress and I’m still having precious experiences like the ones I had in Toronto.

I’m gonna definitely miss everything in Toronto: people who are really friendly with a big smile even for strangers, people who act crazy and yell at everyone on the street, aggressive beggars, store employees who prioritize socializing with each other even though many customer are waiting in line for service, and yea, randomly smelling marijuana on any downtown street. Haha

I’m gonna miss all of it!
I’m grateful that I ended up living there!!

I don’t know how else to express it…
I just fuckin’ love ya’ll!!

 

Respect,
Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

 

 

 

うぃっす、うぃーっす。
おかげさまです、イケてますか?

ただいまー、日本っ!
俺、生きてたーっ!!
空港に預けた大きいスーツケースが一個まだどこかの国で旅してるけど‥ なんで?最後までさ、なんでこんななの?

 

 

遅くなりましたが、トロントでの二回目の個展、
来てくれた方々、そしてオープニングで美味しいフードを提供してくれたGUSHISUSHI 930の方々、撮影してくれたコーヘイ、素晴らしい音のパフォーマンスをしてくれたSuke★Rock、そしてPRINT Galleryキュレーター始め、スタッフ。本当にありがとうございました。

最後までみなさんのお力を借り、今回も大成功でした。

さて、
軽くまた心境書いときます。

ふら〜っと辿り着いたトロントでのストーリー。
本当にたくさんの人に恵まれ、助けられながら異国で生き抜くことができました。
まず、お礼の言葉を先に。ありがとうございます。

そして、
日本でくすぶっていた時に、俺のケツを思いっきり蹴っ飛ばして海外で勝負する決意を固めてくれた素晴らしい友達に感謝。
自分のやっていること、やりたいことが日本では通用しないことは分かっていて、絶対に外に出ないといけないことは分かってた。

「外に出るのを恐れてるわけじゃない」いつも言ってた。
「自分の実力は海外では絶対に通用する」いつも言ってた。
「来年こそは、来年こそは」いつも言ってた。

ビックマウスが売りの俺だったけど、
正直、今振り返ると、ただ恐かっただけなんだと思う。

年々歳を重ねていく中で、日本での仕事が無くなる恐さ。
自分のいる小さなコミュニティーから外れる恐さ。
そして、知り合いが誰一人いない状態で、言葉が全く通じない異国での生活の恐さ‥

そんな、俺の弱い部分を理解したうえでケツを叩いてくれた友達。
日本にいるたくさんのサポートしてくれる人たちに、長いこと墓参りに行けなかった友達に、自信を持ってまた再会できるように、良い報告ができるように、ただそれだけを考えて毎日を必死に生きた。

自分の腕一本で生きれなかったら終わり。
当時、三ヶ月ほどで帰るものだと思ってた。
そして、絵描きという職業に見切りをつけようと思って外へでた。
それが二年半。
たくさんの人と出会い、助けられ、多くのことをがむしゃらに吸収していくなかで、気付いたらあっという間に時間が経っていた。
満足できない性格だからまだまだやりたいことはあったけど、リミットがある中で自分のベストは尽くした。

俺がベースを置いた多文化都市、カナダのトロント。
行く前は全くリサーチせず、ニューヨークに近いのと、ビザの手続きが簡単だということを理由に選んだ街。
行って大正解だった。トロントを選んで良かった。

そして、アートを通じて出会ったたくさんの素晴らしいアーティストやミュージシャン、様々なジャンルで頑張っている人たち。
この人たちとふれあって、自分のアートへの考え方が変わった。

自分にとって“アート”とは、“絵を描くこと・モノを作ること”は、唯一上にのし上がる為の手段だった。

周りにもそう言っていた。

でも、今は違う。

俺、純粋にモノ作りが大好きだ!絵を描くことが大好きだ!
人のために。もちろん、自分自身のために。

アートに出会えていなかったら、俺は未だにくだらないプライドを纏いながら、小さな世界でつまらない人生を送っていたと思う。
絵描きでなかったら、こんなに素晴らしい人たちに出会えていなかったし、人生における多くの大切なことも学べなかった。

もう、切っても切り離せない俺の人生の一部。
どんなに周りからネガティブなことを言われようが、気にしない。
どんなに厳しい道でも構わない。
俺は、どういう形になってもこの道を歩き続けるよ。

さて、
日本のみなさん。
これから少しずつですが、自分なりにもらったものをお返ししていきます。
それと同時に、この僕の経験が次の世代に繋がって、たくさんの人にこのバトンを渡して、ようやくこの一つのストーリーが完成します。

 

面白いことやりましょう。
日本でも、世界でも。

まずは、コーヒー飲みに行きますか☆

 

あっ、日本のケータイ復活!
通話のみイケます。
日本でる前の俺の番号もってる人は、それにかけてください。
もう、ないよーって人は、メッセージくださいね。

 

P.S.
すでに軽いカルチャーショックを受けています。
そして、その度にトロントが恋しいです。

知らない人同士の、あのフレンドリーさ (実際は冷たいけど)、道を叫びながら徘徊してるクレイジーな人や、スッカスカの俺からも何かをもらおうとついて回るアグレッシブな物乞い、レジで長い列を作って待っているお客さんを気にせずに自分たちのおしゃべりに夢中になっている店員..そして、外に出ればどこからともなく匂ってくるあのマリファナの香り。

 

 

あー、
トロントよ、トロント。

 

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

【50th】 Last My Solo Exhibition in Toronto, Canada this year

!!NEW!!

 

 

 

Hi, guys! How’s it going?

Finally my laptop was returned to me, and I could recover the data which was lost gone when my laptop broke. Yay!

I’d like to tell you all I’m gonna leave Toronto on Dec 1st to return to my country with my art. So I’m gonna have my Solo Exhibition, which will be the last chance to buy my art in Toronto this year. You can also see my Canadian story, and everything I experienced through my art!

This is my farewell party style.

I’ve thought about how to make it entertaining for you guys. I’m gonna provide Art, Silent auction, Music, foods and drinks.

Please come out and say Hi!

 

 

 

【Hard Knocks Studio】

■Opening Night : Thursday, November 20th from 7:00pm to 11:00pm at PRINT gallery (160 Baldwin street, unit 3)

■Exhibition Dates : November 20th – 26th

【PRINT gallery

http://www.printkensington.com/

【Hard Knocks Studio facebook event page】

https://www.facebook.com/events/587129798053553/

 

 

Cheers ;) !

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

 

 

 

 

 

うぃーっす、うぃす。

おかげさまです、イケてますか?

 

 

パソコン直ったぞーーーーーーーーーいぃぃぃぃぃっ!

無くなったデータも修復できたぞーーーーーーーーーいぃぃぃぃぃぃっ!!

 

 

後ろ髪を引っ張られまくってた一番大きなトラブルを解決できた今、このまま全速力でブレーキの壊れたチャリをこいでいきたいと思います!

 

ってことで、 (トロント最後の?)告知っ!!

やるよー、個展っ!

 

場所は、ケンジントンマーケットにある、僕を推薦してくれているギャラリー。

アートあり、サイレントオークションあり、音楽あり、フードとドリンクありの目白押しっ!(いつも通りか)

 

トロントに来てからの2年半の間に描いた、いま手元にある全ての作品を出し尽くします。

ストリートで発見したもの、車にはねられてうーんうーんなりながら描いたもの、スタジオや家を追い出されながらも完成させたもの、裁判騒ぎの合間にゴチャつきながら捻り出したもの、etc..

ひとつひとつ、全てに様々なストーリーがあり、それぞれの作品を通して僕のカナダでの経験も感じてもらえれば、また違った楽しみ方ができると思います。

 

12月1日に全ての作品と道具を持って、日本に完全帰国します。その後の予定はまだ分かりません。

今のところ、トロントでの最後の展示になります。

 

サポートしてくれた方々、お世話になった方々、僕と作品に大きな影響を与えてくれたアーティストの方々、ジャンルは違えど熱くその道を突き進んでいる方々、

みなさんに出会い、助けられ、2年半もの間海外でアーティスト一本で生き抜くことができました。 本当は自分から出向いて一人ひとりにお礼を言わなければいけないのですが、色々考えたうえで、これを僕なりのサヨナラパーティースタイルにします

日本から応援してくれているみなさんには、帰ってからしっぽりアレします。

 

最後まで不器用でごめんなさい。

ぜひ、僕とハグしにお越しくださいね。

 

全ての出会いに感謝っ!

 

P.S.

作品余っちゃったら、船便のコストがハンパじゃないです。

小さい作品もご用意しています。よろしくお願いします。(最後に本音でちゃったw)

 

 

 

【Hard Knocks Studio】

■オープニング : 11月20日(木) 7:00pm – 11:00pm at PRINT gallery (160 Baldwin street, unit 3)

■期間 : 11月20日 – 26日

【PRINT gallery】

http://www.printkensington.com/

【Hard Knocks Studio facebook event page】

https://www.facebook.com/events/587129798053553/

 

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

【49th】 Some Last minute Exhibitions

Hi, guys! How’s it going?

 

 

 

I was a finalist at Art Battle 178 last week! Thanks for giving me the opportunity

Art Battle team and supporting me!!

 

 

 

So, I have some last minute exhibitions!

 

 

First,

 

 

“JOLT” Art exhibit at TAVES (123 Queen St W, Toronto) from this weekend

on Oct, 31st on Fri to Nov, 2nd on Sun.

 

 

 

Second,

 

 

“ETA awards” Art at the PALAIS (1601 Lake Shore Blvd. West, Toronto)

on Nov, 4th.

 

 

 

Come out and say Hi!

 

 

And, I’m planning my Solo-Exhibition before I leave!!

I’ll post it later!!

 

 

 

【“JOLT” Art exhibit at TAVES】

http://brocktoncollective.com/events/jolt-art-exhibit-taves-2014/

 

【”ETA awards” Art at the PALAIS website】

http://www.etaawards.com/

 

【”ETA awards” Art at the PALAIS facebook page】

https://www.facebook.com/events/848170048540167/?ref_dashboard_filter=calendar

 

Happy Halloween,

Cheers ;) !

 

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

 

 

 

 

 

うぃーっす、うぃす。

おかげさまです、イケてますか?

 

 

直ったはずのパソコンが妙です。

イケてないです。

 

 

ここにきて、友達のパソコンを借りないと何にもできないムシャクシャした日々が続いていますが、

止まっている時間はないので、友達のパソコンを持ったまま進みたいと思います。

 

 

 

 

 先週のライブペインティングコンペティションは、ファイナルまで勝ち上がりましたが、優勝ならず。。

 

 

 

「あれ?まさか‥の??」

 

 

 

っと、 ウキウキウキウキ調子にノった結果、惨敗でした。

そうそううまくいかねーっつーの。

 

 

っと、

いうことで、次っ!

 

帰国まで残り一ヶ月を切ったところでの展示ラッシュ!!

 

 

一発目、

 

 

“JOLT” Art exhibit at TAVES (123 Queen St W, Toronto)

今週の金曜、31日のハロウィーンから2日の日曜日まで。

 

 

 

 

二発目、

 

 

“ETA awards” Art at the PALAIS (1601 Lake Shore Blvd. West, Toronto)

11月4日 (肉の日) の火曜、休日万歳一日限定イベント。

 

 

コスプレして来ちゃっても良いんだよー

浮いてたら、責任持って俺がケアします。

 

 

 

 

【“JOLT” Art exhibit at TAVES】

http://brocktoncollective.com/events/jolt-art-exhibit-taves-2014/

【”ETA awards” Art at the PALAIS website】

http://www.etaawards.com/

【”ETA awards” Art at the PALAIS facebook page】

https://www.facebook.com/events/848170048540167/?ref_dashboard_filter=calendar

そしてっ!

帰る前に、ガツーン!っと個展しちゃうか、しちゃわないの‥か、の準備も現在進行中。

詳細は後ほど☆

 

Happy Halloween ;)

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

【48th】 Participate Next Art Battle in Toronto

Hi, guys! How’s it going?

 

I’m gonna participate next Art Battle on Oct, 21st!


I have the oppotunity to prove my self!!
Come out and say Hi.

 

【Art Battle facebook page】
https://www.facebook.com/events/858151847549309/

【Art Battle website】
http://artbattle.ca/

 

 

 

Cheers!

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

 

 

 

 

うぃーっす、うぃす。
おかげさまです、イケてますか?

 

何回か出場しているカナダ最大のライブペインティングコンペティション、Art Battleに今回も参戦っ!

 

今回で最後になるかな?
リベンジマッチだっ!なに描こう。

ぴょろ~っと勝ってくるわー

 

 

【Art Battle facebook page】
https://www.facebook.com/events/858151847549309/

【Art Battle website】
http://artbattle.ca/

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

【47th】 KABUKI MASK at Japanese teppan restaurant

Hi, guys! How’s it going?

 

Are you ready for Halloween party?


I collaborate a special event with incredible Japanese teppan restaurant, Teppan Kenta (24 Wellesley W, Toronto Canada).

I display a custom KABUKI MASKS which is mixture of authentic Japanese Kabuki tribal and modern colours by all hand painted.
This goes on till Oct, 31st.

 

 

It is limited. Get your favorite one!
Enjoy the delicious time with faces!!

 

 

【Teppan Kenta facebook page】
https://www.facebook.com/Teppankenta?fref=ts

【Teppan Kenta website】
http://teppankenta.com

P.S.
I’m in troubles since my bday, like… my laptop broke and the dates was gone..
Anyway, life goes on. Need your great gives!!

 

 

Cheers!

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

 

 

 

 

 

うぃーっす、うぃす。
おかげさまです、イケてますか?

 

パソコン壊れたーっ!
カナダでのデータ全部飛んだーっ!!

 

 

パソコン買って2年ちょい‥ 最近忙しすぎて、バックアップもろくにとってなかったよ。。

普通、急にそんなことになりますか、macさん。。

 

誕生日過ぎてから、色んな方面から飛んでくる左フックの多さよ。。
見えないからね!左フック。
予期できないからね!左フック。

 

 っということで先週、パソコン以外にも様々なトラブルに打たれすぎて倒れてました。

厄年にもほどがある!って思ってたら、全っ然関係ない歳だった。。

 

 

 

くよくよしてる暇なんてないんだからっ!

もう大丈夫なんだからっ!!

 

 

 

 

 

消えたデータ?

そんなもんいらないよ。

大事なのは、今と未来。

過去にとらわれない器の大きい男・Take

 

 

 

こっちでやってきたプロジェクトとそれに関わる大事な書類?

また一から作ればいいさ。

この先作るものは、必ずもっと良いものができるんだから。

 過去の名作を上回るものを作り出す、無限の可能性を秘めた男・Take

 

 

 

あの素晴らしい瞬間を切り取った思い出の写真や映像?

その時間と空間に、大切な人たちといたことは紛れもない事実。

それは、心の中にしっかり焼き付けられているんだよ。

記録より記憶。思い出が身体から溢れている男・Take

 

 

 

 

 

 

まだ、websiteにも発表してないプロジェクトがあったのに‥

 

これから始まるプロジェクトの為に集めた資料もあったのに‥

 

このblogに書こうとおもってたネタがいっぱい詰まってたのに‥

 

あの書類作るのに何日かけたか分からないよ‥

 

Photoshopで作ったあの複雑なイラスト、今後も使うつもりだったのに‥

 

カナダ美女とのあんな写真やこんな写真、どこにいったの‥

 

あんな面白くて素晴らしい映像、もう二度と作れない‥

 

俺の記憶力、ニワトリ以下なんだけど…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺の大切なデータたち、どこーっ!!!!!??

頼むよー! 頼むから返ってきてくれーっ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

事故後、

二週間すぎた今でも、この件についてはめちゃくちゃ後ろ髪ひっぱられまくっている僕です。

 

 

さて、流れを引き戻していきたい今日この頃。

HASHIGO PROJECTでもおなじみの、若き天才シェフ・鉄板健太のオーナー、ケンタのお店でスペシャルコラボレーション企画をしています。

コツコツ時間をかけて内職していた “KABUKI MASK” を店内にディスプレイ・販売しているので、美味しい料理を食べながら、それぞれが見せるマスクの表情をお楽しみください。

 

 

ハロウィーンのコスチュームに、お部屋のディスプレイに、マスクの楽しみ方は人それぞれ。
全て手描きの一点もの。

期間は今月の31日まで。(無くなり次第終了)
お気に入りのマスクをゲットしてね☆

 

 

【Teppan Kenta facebook page】
https://www.facebook.com/Teppankenta?fref=ts

 

【Teppan Kenta website】
http://teppankenta.com

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

【46th】 Take a.k.a. bamboo→ ALS Ice Bucket Challenge

Hi, guys! How’s it going?

 

 

My answer to the ALS Ice Bucket Challenge, with a unique twist.
Please watch until the end!

 

https://www.youtube.com/watch?v=csgX9Ap56nQ

 

This isn’t only Summer event, right?

Enjoy!

 

Thanks for supporting me :  Dani, Anthony, Yu, Jun, and Ken!

 

 

Cheers!!

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

 

 

 

 

うぃーっす、うぃす。
おかげさまです、イケてますか?

 

お待たせしました。
やったよー、アイスバケットチャレンジ!

 

このバトンを受け取ってから、2ヶ月‥ちょい?経ったけど、
これは夏限定のイベントじゃないでしょ?

僕の視点からの応えです。
これを観て何か感じとってもらえたら、
生まれて初めての動画編集にアクセクしながら二週間ほど費やした苦労が報われます。

ぜひ、最後までご覧ください。

 

https://www.youtube.com/watch?v=csgX9Ap56nQ

 

楽しんで☆

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

【45th】 The significanse of 25 cents

Hi guys! How are you doing?

Thanks for the birthday wishes!
I’m 2 years old in Canada!! Still a chick.

You guys already know I’ve been here as a full time visual artist, starting from the street.
This will be pretty long, but please read it when you have time.
/日本語は英文の下にあります。
ちょっと長いけど、時間あるときに読んでね。

 

 

【The significance of 25 cents】

 

 

When I arrived in Toronto, Canada, I started to find a place where I can paint and make money from my art on the street, even though I couldn’t speak any English. I didn’t have any friends or connections, so I had to figure out how to survive here as an artist by myself.

This is my challenge in life.

Every day, I struggled to find something on the street. I learned how to make money and I picked up English from other buskers.

I hustled and struggled every day to become a famous artist here. The first time I made a sale on the street, I earned only $8, ONLY $8 even though I was trying to sell my art all day. But that $8 meant a lot, and I was really happy to get it that day. Some days I made less than 25 cents…
Yes, I walked a really tough road, but I learned many things that are difficult to realize in general life. Also, I learned to appreciate and respect everything and everyone because of those hard lessons.

Some people have asked me “Why don’t you get another job? Then you won’t have to worry about money or your livelihood.”

You know why?

When I left my country, the goal I decided to aim for is to know how to survive in a foreign country as an artist. That goal has not changed, and still won’t even if I have to dig through garbage.
I researched and asked many people “How can someone survive in a foreign country as a full time artist, with only his ability, when they don’t know the language and don’t have any connections?” Nobody knew, not even my professors in university.

We all have different situations and different things we can and can’t do.

And we will have to come to a decision within the choices.
Of course, if I had enough money and great circumstances, I would have first gone to college or university here, and used a normal process to make my way.

So, I was an art teacher in Japan. If one of my students tried to do the same thing, what would I say to him or her?

I can not say anything unless I try it myself. If I can do it, anyone can do it! And I can also make paths for someone else.
That’s because I wasn’t born with a natural gift as an artist.
But I had a strong belief in myself by giving 100times more effort than the rest, as well as the countless experiences in life, both good and bad.

Without any talent, I wanted to see how far I can go by pure effort and self-confidence.

It’s been 2years since I started off on the cold street and I still survive as a full time artist to this day.
I have a gallery where I can drop off my art, clients, and many incredible artist friends who are inspiring me. This story is very real and I am the one writing it.


“If you plant a big tree in your heart, sometimes others may try to knock it down. But they won’t be able to shake a single branch. All of that negative effort will even help you make the tree bigger and stronger.”

Recently, I honestly had only $7. I wasn’t sure if I could pay next month’s rent, or even get food the next day.

I only had confidence and belief in my own ability to make art and products. I then find client work. And I can survive for a little longer.

If you believe that you have the talent to do anything, you should challenge yourself in your own accords. If you don’t think you have any talent, you should definitely challenge yourself by believing in your own hands. Even if that means you only have $7 in your pocket!

If you never give up, it will open up new opportunities to lead you to the next step.

I appreciate all my friends that are supporting me. I’m sorry I’ve made you worry and get you involved in my troubles. I really want to show my respect to you in return, but still can’t. I’m still struggling.

I finally decided I’m gonna finish making my story in Canada, and I’ll be going back to my country at the end of November or mid-December this year. I’m not sure I will be back or not. I really wanna give “Thanks” to everyone face-to-face before I leave.

I’m an artist!!

 

P.S.
The pic is with my bud, Bob after train who always accept to beat from me at Martial Arts studio.

 

 

Cheers!
Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

 

 

 

うぃーっす、うぃす。
おかげさまです、イケてますか?

たくさんの誕生日メッセージ、ありがとうございました。

エセカナディアンとして、僕は2歳になりました。

 

えーっと、

今回のblogは、ちょっとした発表です。

いつものように長いけど、時間ある時に、ぜひ読んでみてくださいね。

 

【25セントの重み】

 

ここ、トロントに着いた当初、自分のアート作品を作れるスタジオと、それを売る場所を求めて、とりあえずストリートに向かった。ここには友達もいなければ何のコネクションもない。ギャラリーに売り込む作品がないし、それを作る為のスタジオを探すにも、英語が全く話せない状態では探すアテもなかった。

アーティストとして生き残るために、自分自身でその方法を探さなければならなかった。





これは俺の人生をかけた挑戦

毎日何かを見つける為に必死にもがいていた。ストリートで稼ぐ方法とその為の英語をストリートのバスカー達から学んだ。

アーティストとして成り上がる為に、毎日ストリー トに立ってもがいた。 初めてストリートで稼いだお金は$8。
知らない土地の道路脇で朝から晩まで一日中絵を描きながら、道行く人につたない英語で話しかけて、たった$8。
でも、その$8は俺にとって今まで稼いだどの大金よりも重く、価値のあるお金だった。

ミュージシャンと違って、“商品を売る絵描き”は、投げ銭をもらうのが難しい。
日によって、25 cents以下しか稼げない日もあった。
とてもハードな道だったけど、普段の生活では気付けない多くの貴重なことを学んだ。


「なんで、みんなと同じように他の仕事をしないの?他の仕事をしながらだって作品は作れるでしょ?
そうすれば、お金の心配や切り詰めた生活なんかしないですむのに。
アーティスト一本で暮らすのはすごく難しいよ。」

たくさんの人からこんな質問をされてきた。

こっちで仕事をする為に必要なSIMナンバーは、あえて取得しなかった。逃げ道を絶つために。

俺が日本を出る時に決めた目的。それは、海外でどこまで自分の力が通用するか、アーティスト一本で生き残るにはどうすればいいのかを知ることだった。

今でもそれは変わらない。たとえゴミ箱を漁ることになっても。

“どうすれば、言語も通じない、コネクションもない無名のアーティストが、他の国で自分の腕一本で成り上がれるか”

どのサイトを調べても、誰に聞いても、答えはなかった。多くの知識を持った美大の教授でさえも。

私たちは、みんな一人ひとり違う状況に置かれていて、できることとできないことがある。

そして、その中から選択しなければいけない。

もし、俺に十分なお金があり、環境も整っていたら、最初にこっちの学校へ通って普通のプロセスを踏んでただろう。

俺は、日本で美術の先生も経験した。もしも、自分の生徒が同じことに挑戦しようとしたら、なんてアドバイスをしてあげればいい?

まず、自分が経験してみなければ俺は何も言えない。自分がそれをやり通すことができたら、みんなにも必ずできる。そしてその道は、みんなにシェアすることができる。

だって、俺には絵の才能なんてこれっぽっちも無いんだから。

ただ、周りより何百倍も努力してきた自信と、良くも悪くも数多くの色々な経験がある。

何の才能もなくても、努力と自信でどこまでいけるのか、それが知りたかった。

 

一人ぼっちだった冷たいストリートから始めて二年が経つ。

サポートしてくれる多くの人やクライアントを得て、作品を置いてくれるギャラリーがついた。そして、周りに自分の成長と作品に良い刺激を与えてくれるたくさんの尊敬する熱いアーティスト達がいる。

俺はまだアーティスト一本で生活している。
俺が作っている、このリアルストーリーはまだ続いている。

“もし、あなたの心のなかに大きな一本の木を植えることができたら、ときどきその木を倒そうとしてくる人が現れる。
だけど、その人たちはその枝を揺らすこともできない。
そして、その木はそれすらも栄養として吸収し、あなたの中でもっと大きく太く成長する。”

最近の俺は手持ちが$7しかなかった。
来月の家賃、明日の食べ物さえありつけるか分からない状況だった。

ただ、自分の腕と何の根拠もない自信だけはあった。
そして数日後、クライアントの仕事が入り、まだ生き残ることができている。

あなたに才能があるのなら、もちろんやりたいことに挑戦したほうがいい。
もし、あなたに才能がなくても、あなたの腕を自分が信じてあげることができれば、絶対に挑戦するべきだ。
たとえポケットに$7しか入っていなくても。
諦めなければ、次のステップに進む為のお金としては十分だ。

みんな、サポートしてくれて本当に感謝しています。
色んなことに巻き込み続けて、迷惑や心配をかけてごめんなさい。

お礼を返したいけど、いまだに自分のことだけでいっぱいいっぱいすぎて、できそうにないや。

今年の12月頃に、2年半綴ってきたカナダでのストーリーを終わりにします。

トロントにまた戻ってくるかどうかは、まだ考え中。

帰るまでに、こっちで出会ってサポートしてくれた全ての人、一人ひとりに面と向かってお礼を言いたいな。

もう少しだけ見守ってて。もう少しだけ自分勝手にこの道を歩かせてください。

日本で応援してくれてるみんな、
俺、帰るわーっ!!

 

 

P.S.
写真は、空手道場でのトレーニング後。
いつも俺の拳を目一杯の愛情で包んでくれてる相棒、ボブと。

菊田武範 (Take a.k.a. bamboo→)

【44th】 Next I’m going to Participate Group Exhibition From Sept, 10th!

Hi, guys! How’s it going?

I had made a simple door for a client ↓↓

 

 

 

 

Looks good eh?

 

..Hm? Who am I??
I guess I’m a visual artist..

Btw!
Next I’m going to participate a group exhibition “MASH UP” is gonna be opening from Sept, 10th on Wednesday from 7pm, at Daniels Spectrum (585 Dundas St, E, Toronto)!!

 

 

Come out to say hi!!

I’M A VISUAL ARTIST!!!
Cheers!

 

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

 

 

 

 

うぃーっす、うぃす。
イケてますか?

昨日.. クライアントに頼まれて、ドア作ってました↓↓

 

 

 

 

 

 

一人で全部やるのは初めてだったけど、なかなかのもんでしょw?

日本で職人だった時の知識とスキルは、やっぱりバカにできないね。
色々悔しい思いもしたけど、それを超えて今、海外で十二分にその経験を形にさせてもらってます。

その辺のカナディアンの職人よりも良い仕事しまっせ!
海外出張、承ります。トロント市内限定でw

 

俺は誰だ!?
Takeだ! アーティストだっ!!


ってことで、本業? (もうなんか何が本業だかわからないけど)
に戻ります。

 

 

!!告知っ!!


来週(今週?) の水曜からグループ展示始まります。

“MASH UP”

場所は Daniels Spectrum (585 Dundas St, E), Dundas × Wellesleyの近くの、デッカイ立派な建物。

 

オープニングは7pmから。待ってるよー☆

 

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

【43rd】 Next My Show on July 27th, Sun!!

Hi, guys! How are you doing?

This is super short notice!
I’m gonna participate Toronto Japanese summer festival, MATSURI on July 27th, Sun at Dandus Sq!!

I’m gonna sell custom painting KABUKI masks and my art, and also will do live painting too.

 

 

Come to say hi!
See you there.

 

 

 

 

【MATSURI website】
http://matsuri.ca/

【MATSURI facebook page】
https://www.facebook.com/events/232294636978207/

 

Cheers!

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)

 

 

うぃーっす、うぃす。
おかげさまです、イケてますか?

スーパー急な告知失礼っ!
MATSURI, 今年もベンダーで参戦しますっ!!

毎日14時間以上めっちゃお面作ってる、、けど思ったより時間取られすぎてて、もう人の顔すら見たくないほど、コイツら憎らしいわ。

 

 

たっぷり作ったクマを引っさげて、ライブペインティングもする予定だから、遊びに来てね〜☆

日にち : 27日 (日)
場所 : Dandus Sq

 

 

 

【MATSURI website】
http://matsuri.ca/

【MATSURI facebook page】
https://www.facebook.com/events/232294636978207/

 

Takenori Kikuta (Take a.k.a. bamboo→)